HOME > パンネーションズが考える企業国際化の3つの課題

企業国際化の3つの課題

グローバル化・自由化・IT化の急激な進展とともに、日本企業は、従来のドメスティックなステージから、国際社会とのコミュニケーションが可能なステージへ飛躍することが強く求められています。
しかし、実際には多くの企業が想定しているよりも、実質的な国際対応力を強化できずにいるのが現状のようです。

ではなぜ、企業にとって国際化を遂げることは難しいのでしょうか。それは現在行われている取り組みに3つの大きな問題点があるからです。

1つは語学力、なかでも英語力を高める学習法そのものに大きな欠点があることです。世間一般に浸透している英語学習は、多大な時間と費用を必要とする暗記中心の学習法であり、多忙なビジネスマンがその成果を得るには大変非効率的なものなのです。

2つ目は、語学力=国際化という誤った認識です。国際化とは単に語学をマスターすることではありません。語学はあくまで1つのスキルです。国際間でのビジネスを成功させるには、このスキルをより効果的に扱うための総合力が不可欠です。そのためにはビジネスのベースにあるコミュニケーション力や論理的思考など、語学以外の領域にある様々な要素に目を向ける必要があります。つまり、日本の閉ざされたビジネス環境でしか通用しない意識レベルや行動様式など、これまでの「考え方」と「やり方」そのものに根本的な転換が求められるのです。また、そこで必要となるコミュニケーションスキルは、「話し方教室」レベルの断片的なスキルではなく、実際のビジネスの現場で通用する、ハイレベルなコミュニケーションスキルでなければなりません。しかし、こうしたハイレベルなコミュニケーションスキルの多くは、海外の焼き直しがほとんどで、日本人や日本のビジネス環境にはフィットしないものが多く、研修効果が思うように得られていません。

そして最後の1つは、国際化教育を提供する側の問題です。業界の大半が語学教育またはコミュニケーション能力強化という単独サービスを提供するに留まっており、語学力とコミュニケーション力を相互補完的に効率良く高めるプログラムを提供できる企業がほとんどありません。言語とコミュニケーションはビジネスの現場では非常に密接な関係にあります。英語が堪能=有能なビジネスパーソンではありませんし、コミュニケーション力が優れていても、英語が苦手なためにビジネスチャンスを逃している場合もあります。そこで、その双方の能力を短期間で効率良く学習できるプログラムが求められています。

私たちパンネーションズでは、こうした問題を打破し、一社でも多くの日本企業をより広いステージへ飛躍させたいという想いから、「日本人の、日本人による、日本人のための」全く新しいロジカルメソッドを機軸に据えた国際化研修の総合コンサルティング企業として、多くの日本企業が直面するコミュニケーションの課題に明確な解決策を提供していきます。

このページのトップへ▲


Copyright(C) PAN NATIONS CONSULTING GROUP CO., LTD. All rights reserved.
ロジカルコミュニケーション
ロジカルコミュニケーション(e-ラーニング)
ロジカルライティング
プレゼンテーション
企画書作成
対人対応コーチングスキル
管理職マネジメントコミュニケーション力アップ研修
交渉術
イノベーティブビジネスマナー研修
ビジネスマナー総合研修・最強パック
国際意識変容
ミーティングマネジメント
国際意識変容(外国人社員向け)
初級システム英語(発想転換)
初級システム英語(通常研修)
中級システム英語(発想転換)
中級システム英語(通常研修)
システム中国語
Skypeビジネス中国語
英語プレゼンテーション
海外出張赴任前
ビジネス表現
クリニック
会議商談
テレフォン
Eメールライティング
フルーエンシードリル
その他の言語
能力診断& 分析(テスティングサービス)
海外留学
「人材教育」2005/4日産車体
「人材教育」2005/2東亜石油
「人材教育」2004/12横河電機
「人材教育」2004/10日産自動車
「人材教育」2004/8山之内製薬
コミュニケーション力
語学力
プレゼンテーション力
交渉能力/説得力
論理的思考力