HOME > 出版物一覧 > 「図解 ロジカル・トレーニング」〜「考える力」「ひらめく力」を強化する〜/目次


■「図解 ロジカル・トレーニング」
 〜「考える力」「ひらめく力」を強化する〜/目次

はじめに

PART1 なぜ、今思考力が必要なのか?

  • 走り方を知らないトップランナー
  • 「頭がいい」とはどんな人
  • これまでの教育が目指した「頭の良さ」は何をもたらしたか
  • フィンランドの教育はユニーク
  • マインドマップを上手に活用
  • 「ミクシ?」という教育法
  • なぜ、フィンランド式が生まれたのか
  • なぜ日本はフィンランド式をまねできないのか
  • 日本語は思いつくままに話せる
  • 何となく話が通じてしまう
  • 通じているようで通じていない
  • なぜ、「通じやすい」環境なのか
  • 通じるという錯覚は怖い
  • 伝える努力をしない。だから「考える力」「ひらめく力」が育たない
  • 日本人のための「考える力」を提案する
  • ポイントは脳の使い方で決まる
  • 脳とは何?
  • これまでの教育では左脳しか使われていなかった
  • 右脳を使うと空間処理、イメージ処理が簡単にできる
  • 図解・可視化すると「考える力」「ひらめく力」がアップする
  • 文章だけでは決して望めない力がどんどん養える
  • 考えるポイントがハッキリする
  • 右脳だけでは十分ではない。左脳も使う
  • 言語力が思想に影響する
  • 左脳の働きで「考える力」を向上させる
  • 言葉だけでは考えがまとまらない
  • 結局、何が言いたいのかわからない
  • ロジカル・トークスルー演習の進め方

コラム1
ロジカル・トークスルーの効果:タイムマネジメントが簡単にできる

コラム2
ロジカル・トークスルーの効果:企画書の作成が簡単にできる

コラム3
ロジカル・トークスルーの効果:商談がおもしろいほどまとまる

 

PART2 ロジカル・トークスルー 25パターン演習

  • パターン1 割合の分析や比較を通じて内容を説明する
  • パターン2 階層的に整理し、内容を説明する
  • パターン3 3階層に整理し、内容を説明する
  • パターン4 時間の経過に沿って、内容を説明する
  • パターン5 時間軸で整理し、内容を説明する
  • パターン6 段階を追って整理し、内容を説明する
  • パターン7 共通性をもとに、まとめた内容を整理する
  • パターン8 総体的視点で、対比する複合内容を説明する
  • パターン9 総括的視点で、対比する総体的内容を説明する
  • パターン10 区分を通じて整理された内容を説明する
  • パターン11 相反する要素で分析し、変化する内容を説明する
  • パターン12 階層的に整理し、内容を説明する
  • パターン13 段階的な整理を通じて、レベルアップする内容を説明する
  • パターン14 相互の関係を整理し、包含し合う内容を説明する
  • パターン15 重なり合う状態を整理し、共有される内容を説明する
  • パターン16 複数の分類を通じて、整理された内容を説明する
  • パターン17 位置や方向性などを整理し、偏差分布する内容を説明する
  • パターン18 基軸を持って分析し、位置や量の異なる内容を説明する
  • パターン19 相互の関係を整理し、因果関係にある内容を説明する
  • パターン20 重要度に違う複数の情報を整理し、関連性を示して内容を説明する
  • パターン21 組み合わせにより、より大きなものに帰結する内容を説明する
  • パターン22 相互の関係を整理し、相関的な因果関係にある内容を説明する
  • パターン23 混在する内容を整理し、複数の原因と結果となる、その内容を説明する
  • パターン24 互いの関係を整理し、循環する内容を説明する
  • パターン25 二律背反にあるものを比較し、バランスを表す内容を説明する

書籍データ

単行本: 216ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2009/11/6)
ISBN-10: 4023304654
ISBN-13: 978-4023304659
発売日: 2009/11/6

このページのトップへ▲


Copyright(C) PAN NATIONS CONSULTING GROUP CO., LTD. All rights reserved.