HOME > 出版物一覧 > 英語プレゼンテーションの技術/目次


■英語プレゼンテーションの技術/目次

はじめに INTRODUCTION

本書の活用法

第1課 プレゼンテーションの準備 PREPARATION

  1. 「誰に」・・・聴衆の分析 ANALYZE YOUR AUDIENCE
    聴衆の数を調べる Size
    聴衆の傾向を調べる Audience analysis chart
    聴衆の取り組みレベルを調べる  Audience capacity diagram
  2. 「何を」・・・目的の決定 FIX YOUR PURPOSE
    目的を分析する Choose a presentation topic
    話し手と聴衆の視点を合わせる Find a common viewpoint
    目的を受け入れられやすくする Make your purpose appear acceptable
  3. 「どこで」・・・場所の把握 KNOW YOUR VENUE
    場所の問題を軽視しない Do not rate the venue's importance too lightly
    自分と場所との相性を理解する Be aware of your own compatibility with the venue
    気持ちをリラックスさせる方法(1)

第2課 アウトライン(構成) ORGANIZATION

  1. アウトライン OUTLINE
    アウトラインが理解のかけ橋をつくる Use an outline as a bridge to clear understanding
    アウトラインを理解する Build your outline correctly
  2. イントロダクション INTRODUCTION
    第一印象はプレゼンテーションの成否を分ける First impressions sway your overall reception
    聴衆の気持ちを捕らえる Stimulate your audience to listen
     1. Gain the attention of the audience (聴衆の興味を喚起する)
     2. Involve yourself (聴衆の興味をあなた自身に向けさせる)
     3. State your purpose (内容や話し手の視点を示す)
     4. Explain your presentation plan (話す順番を示す)
  3. ボディー BODY
    ボディーの展開が聴衆の引きつけ方を左右する The structual merit of the body confines the appeal of the speech
     1. DESCRIPTION(話のポイントを描写、解説する)
     2. DEFINITION (キーワードを明解にする)
     3. COMPARISON (既存知識との比較により聴衆の理解を深化する)
     4. CONTRAST (対比により内容を際立たせる)
     5. EXAMPLE (例証により聴衆の理解を促進させる)
     6. REPETITION (繰り返しにより聴衆の理解を定着させる)
  4. 情報の整理の仕方 ARRANGING INFORMATION
    わかりやすくまとめる Arrange information so that it can be easily understood
    サポーティング・データを持たせる Supply sufficient supporting material
    フルセンテンス・アウトラインを使う Use a full-sentence outline rather than a topic outline
    まとめ方を統一する Standardize yuor arrangement of points
  5. コンクルージョン CONCLUSION
    内容の定着はコンクルージョンのまとめ方で決まる The organization of your conclusion determines audience retention
  6. クロージング CLOSING
    クロージングは聴衆の気持ちに直接的に訴えることができる Use the closing for emotive appeal
  7. 質疑応答 QUESTIONS AND ANSWERS
    質疑応答によりあなたは聴衆と一体化できる Queestion tine provides for audience interaction

第3課 テーマ・メインポイント THEME & MAIN POINT

  1. メインポイント MAIN POINT
    メインポイントどうしのバランスをとる Ensure your main points are balanced
    名詞的ではなく動詞的にとらえる Use a verbal rather than a noun base
    聴衆のメリットを伝える Be aware of your audience's motives
  2. メインポイントの整理方法 ARRANGING MAIN POINTS
  3. 時間経過毎にまとめる THE CHRONOLOGICAL PATTERN
  4. 地理的、空間的にまとめる THE SPATIAL PATTERN
  5. 原因-結果的にまとめる THE CAUSE-EFFECT PATTERN
  6. 問題解決を主眼としてまとめる THE PROBLEM-SOLVING PATTERN
  7. 話題に応じてまとめる THE TOPICAL PATTERN

第4課 リーズニング REASONING

理論性を高める Improve your logic

  1. 演繹法 DEDUCTIVE NETHOD
  2. 帰納法 INDUCTIVE METHOD
  3. 類推法 ANALOGICAL METHOD
  4. 因果法 CASUAL METHOD

第5課 トランジッション TRANSITION

話の流れはトランジッションの使い方で決まる Transition determine level of coherency
トランジッションの種類 Kinds of transitions

第6課 ランゲージ & デリバリー LANGUAGE & DELIVERY

ランゲージとデリバリーが伝わり方を変えてしまう Language and delivery determine impact

  1. 言葉の選択 Always use vivid and clear speech
  2. カラフルな文 Try to use rhetorical techniques
  3. 差別表現 Try not to use discriminating expressions
  4. 和製英語 Try not to use Japanese English (Japlish)
  5. 発音 Speak as clearly as possible
  6. 話すスピード Think about the pace of your presentation
  7. アイコンタクト Always maintain eye contact
  8. ボディーランゲージ Use natural body language
  9. 外見 Create a strong image
  10. 姿勢 Be natural

第7課 リハーサル REHEARSAL

リハーサルが実力をアップさせる Rehearsing improves the standard of your presentation
ノート・カードをつくる Use note cards

第8課 まとめ SUMMARY

APPENDIX

プレゼンテーション・サンプル集 PRESENTATION SAMPLES

サンプル・プレゼンテーション(1)〜(5)
気持ちをリラックスさせる方法(2)

表現集 USEFUL EXPRESSION

参考資料

  1. プレゼンテーション・シート
  2. プレゼンテーション技能表
  3. 評価フォーム

書籍データ

単行本: 211 p ; サイズ(cm): 210 x 148
出版社: ジャパンタイムズ ; ISBN: 4789007146 ; (1993/11)
定価: \2,913(税別)

このページのトップへ▲


Copyright(C) PAN NATIONS CONSULTING GROUP CO., LTD. All rights reserved.