研修事例

社内情報処理能力を飛躍的に高めたG社のケース

2017.06.04

電機メーカーのG社は、業績の向上に伴う膨大な量の社内情報伝達処理が大きな問題となっていました。ある中間管理職はメールをダウンロードするだけでも1時間弱の時間を割かねばならず、休日返上で返事を書かなければなりませんでした。ミーティングの時間も全社規模で超過傾向にあり、ミーティング残業も当たり前のように行われていました。

Dilemma

G社に限らず、全社的な高度情報化により、あらゆる情報を入手・活用し、自由に伝達させることが容易にできるようになった反面、個人が処理できるスピードが情報量に追いつかず、情報の洪水に飲み込まれているような状態となっている企業が少なくありません。

この問題を解決するためには、コミュニケーションのスピードとクオリティを高めることが必要です。そこでパンネーションズでは情報を短時間に、正確に、過不足なく伝えるための論理的な思考方法と伝達手法のメソッドを体系化し提供しています。

G社はパンネーションズの研修によって、論理的な思考と伝え方のスタンダードを共有することに成功しました。その結果、必要な時に、必要な人に、必要な情報だけが伝わるようになりました。ミーティングも従来の倍~3倍の量をこなせるようになり、メンバーが入れ替わってもスタンダードに基づきすぐに円滑な情報交換をすることが可能となりました。
また、パンネーションズで教えているスタンダードはグローバルスタンダードに基づくものですから、G社は社内のみならず、グローバル社会で通用する情報伝達力を身につけることにも成功したと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外赴任社のマネジメントストレスを解消したF社のケース

2017.06.04

日本企業が海外に営業や生産の拠点を設立する場合、海外赴任者に起こる最大のストレス要因が、現地スタッフのマネジメントに関する問題です。
F社の場合、海外現地法人の日本人マネージャーが、現地スタッフとのコミュニケーションにおいて激昂してしまうことで、信頼関係に致命的なヒビが入ってしまうことが多発していました。

Business man

そこでパンネーションズではF社に対し、海外赴任者に対する交渉術研修の実施をご提案しました。特殊な家庭環境をのぞき、日本人は交渉というスキルを体系的に教わることはありません。そのため対人トラブルが起こると、ほとんどの方は自分が使ってきたワンパターンの手法で解決しようとし、その手法が全く通用しないとパニックになってしまいます。日本人マネージャーはある程度まで忍耐強いのですが、ある一線を越えると激昂し、取り返しのつかないことをする傾向があると言われています。

交渉の現場において重要な事は、自分が伝えたいことを伝えることではなく、相手を動かすことです。特に文化や価値観の違う相手を動かすためには、交渉という具体的なスキルを身につけることが非常に有効となります。
F社のマネージャーは、研修によって、自分がこれまで交渉に使っていたスキルは何だったのかを具体的に理解できるようになり、相手や問題に応じてスキルを変えて対処することが可能となりました。そのためトラブルが起こっても単に自分のスキルの選択が間違っていた、そして別のスキルで対処すればいいと考えられるようになり、パニックに陥ることなく、余裕で対処することができるようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼンテーションロジックの変換に成功したD社・E社のケース

2017.06.04

医薬品メーカーD社の営業スタッフは、ビジネス英会話を難なくこなす英語力を持っているのですが、何故か外国人の評価が高くない。パンネーションズで問題を分析したところ、その原因がロジックにありました。D社の営業スタッフは日本語のロジックに英語をのせていたため、ロジックが飛躍してしまったり、ロジックの階層が変わってしまったり、非常に日本語的なわかりにくい英語になっていたのです。

D社の営業スタッフにパンネーションズのプレゼンテーション研修を受講させたところ、外国人の評価が180度変わり、これには教育研修担当者よりも研修を受けた本人たちが驚いていました。

Business woman

また、ある広告代理店E社では、ある大手クライアントのために40人編成のチームを組織していました。しかし、そのクライアントのトップが外国人となったため、プレゼンテーションのアプローチを再検討することになりました。
しかし、日本人に対するアプローチと外国人に対するそれは違うことは明らかなのですが、論理的に理解することができません。

そこでパンネーションズの研修を受講することにより、プレゼンテーションの骨子となるスタンダードを変えることに成功しました。E社のチームは、日本人担当者に対しては自分達が日本人であることの強みを生かしたプレゼンテーション、外国人に対しても効果的な伝え方ができるバイロジックを身につけることに成功し、企画提案が非常に通りやすくなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス能力の高い国際対応チームを誕生させたB社のケース

2017.06.04

多くの方が実感されているように、成人してから語学を習得することは並大抵のことではありません。企業にとって語学教育は非常に投資効果が悪く、語学のセンスや素養がある人材にとっては良いが、本当に語学をマスターして欲しい人には研修の効果が期待できないという問題がありました。

広告会社のB社では、顧客の国際化に伴って国際対応力の強化が緊急課題となり、そのためには特定の部門にとどまらない、全社的な語学力のレベルアップが求められるようになりました。B社はパンネーションズ・メソッドによる語学研修を約1/4の社員に対して実施し、専門能力はあるがドメスティックな部署の人材の多くを国際対応可能な人材に変革することに成功しました。これにより、語学力が基準ではなく顧客の要望に応じた最適な人材を柔軟に組織できるようになりました。

B社はこれまで外資系企業や外国人がトップの企業に対して、語学力の問題でアプローチを避けていたのですが、わずか3年の研修で、国際対応可能な大機動部隊を編成することが可能となり、他社に大きなアドバンテージをとることができるようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

理系社員の語学力を高めることに成功したC社のケース

2017.06.04

恐らくメーカー各社共通の問題だと確信しているのですが、理系の人材に英語を習得してもらうことが上手くいっていないケースが非常に多い。理系の人には英語ができないから理系へという人も少なくないですから、これは当然の悩みですね。

ところが今は、英語が話せる技術者に対するニーズが非常に高い。コンピュータメーカーのC社の事例で説明すると、昔は技術者から営業へ、そして営業から海外のお客様へという2ステップで情報提供を行っていたのですが、顧客がより高度な情報を早く求めるようになり、技術者がダイレクトで顧客とコミュニケーションすることが必要になってきました。
C社では、若い技術者を対象に以前から他社で語学研修を実施していたのですが、効果が思わしくないので半ばあきらめていました。
ところが、パンネーションズの英語はルール性が高いため、技術者のようにルールを理解し適用していく志向と能力が高い人には、非常にマッチして短期間での習得が可能なのです。理系に強いパンネーションズの英語研修を採用したC社は、技術者の語学力を大きく高めることができ、技術的な国際対応という課題を克服することができました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

技術管理職のモチベーションを劇的に変えたA社のケース

2017.06.04

特に技術系の社員が多い会社に顕著なのですが、ロジカル・コミュニケーション®の重要性を認識していない、あるいは過小評価している会社が多く見受けられます。

ある大手電機メーカーAの事例ですが、技術畑の社員が課長に昇進すると、うつ病になってしまう事例が多発していました。その原因が実はコミュニケーション能力だったのです。設計・システム開発などの技術職は、他の社員とほとんど会話をせず一日が終わることもあります。人の事を気にかけるよりも無駄な会話をせず、集中することが求められる仕事なのですから、ある意味仕方のないことです。しかし、その結果対人コミュニケーションに関しては、モチベーションも低い上に、スキルも磨かれないまま成長してしまいます。

そのような人材がキャリアアップして管理職になると、突然これまで直面したことのない対人コミュニケーションの舞台にあげられてしまう。そして仕事のステージが変わるストレスに対応できず、うつ病となってしまうのです。驚くべきことに、これは本人の責任としてそのまま放置されてしまうことが少なくありません。

A社の場合は「話し方教室」のような発声やアクションに重点を置いた研修を実施したことが過去にありましたが、全く効果はありませんでした。

talking

そこでA社に対し、パンネーションズは2つのポイントから研修を実施することをご提案しました。まず、ひとつがロジカル・コミュニケーション®の重要性の認識です。ロジカル・コミュニケーション®スキルをマスターすることによって、自分の問題を解決できることが理解できると、本人のモチベーションが劇的に変わります。

次にロジカル・コミュニケーション®スキルの習得です。スキルといっても芸人に求められるような話のセンスではなく、情報を正確に、わかりやすく伝えるためのグローバルスタンダードのロジカル・コミュニケーション®スキルです。

通常、そのようなスキルが存在すること自体をご存知ないので、具体的なスキルを提示すると感動されることが多いです。そして短時間で体系的に学べることがご自分でもすぐわかりますから、顔が自信に満ちあふれ輝いてきます。

A社では新任課長研修でパンネーションズのロジカル・コミュニケーション®研修をご採用いただき、その結果、新任課長の精神面が安定しただけでなく、職場が活性化し、開発工程のスピードアップ、クオリティの向上、会議の能率アップ、テクニカルサービスの改善など、様々な効果をあげることができました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

出版物一覧