理系社員の語学力を高めることに成功したC社のケース

2017.06.04

恐らくメーカー各社共通の問題だと確信しているのですが、理系の人材に英語を習得してもらうことが上手くいっていないケースが非常に多い。理系の人には英語ができないから理系へという人も少なくないですから、これは当然の悩みですね。

ところが今は、英語が話せる技術者に対するニーズが非常に高い。コンピュータメーカーのC社の事例で説明すると、昔は技術者から営業へ、そして営業から海外のお客様へという2ステップで情報提供を行っていたのですが、顧客がより高度な情報を早く求めるようになり、技術者がダイレクトで顧客とコミュニケーションすることが必要になってきました。
C社では、若い技術者を対象に以前から他社で語学研修を実施していたのですが、効果が思わしくないので半ばあきらめていました。
ところが、パンネーションズの英語はルール性が高いため、技術者のようにルールを理解し適用していく志向と能力が高い人には、非常にマッチして短期間での習得が可能なのです。理系に強いパンネーションズの英語研修を採用したC社は、技術者の語学力を大きく高めることができ、技術的な国際対応という課題を克服することができました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

出版物一覧