HOME > 個人のお客様 > ミーティング・マネジメント > このセミナーで習得できる「7つのスキル」

このセミナーで習得できる「7つのスキル」

7つのスキル

SKILL1

準備する

綿密な準備は、会議の生産性の向上させ、回数を削減する大きな効果を発揮します。ミーティングを円滑にスタートさせるために、会議を成功に導く準備と心がまえに関するスキルを伝授します。

このセクションで学ぶことの一例

  • ミーティングの無駄を生み出す3要素とは
  • 「異」を包括する意識とスキル
  • 参加者レベルの調整のコツ
  • 最高の状態で参加できるような誘導方法
  • 告知に広告感覚が必要な理由 ほか

このページのトップへ▲

SKILL2

運営する

効率的なミーティングを行うためには、会議の目的に応じた適切な運営を行うことが必要です。ここではミーティングを7つのパターンに分類し、それぞれの特徴と運営法を学びます。

このセクションで学ぶことの一例

  • 伝達スキルが問われる情報収集・伝達型ミーティング
  • 運営が大きな差を生む通知型ミーティング
  • 精度とスピードが必要な計画立案型ミーティング
  • 事前の検討が重要な再検討型ミーティング ほか

このページのトップへ▲

SKILL3

発言する

伝達力はミーティングの成果に直結する、最も重要なベーシック・スキルです。ここでは、発言内容を構造的にとらえることで情報を正確に効率的に伝える12の伝達技法を伝授します。

このセクションで学ぶことの一例

  • 議論が拡散する場合の対処
  • お互いの理解がズレる場合の対処
  • 話が飛躍する場合の対処
  • 発言内容が絞れない場合の対処
  • 話が冗長になる場合の対処
  • 話が曖昧で誤解が生じる場合の対処 ほか

このページのトップへ▲

SKILL4

コントロールする

ミーティングの成否は参加者のコミュニケーションが円滑に行われているかどうかにかかっています。そのために必要な参加者の意識と取り組みをコントロールするスキルを学びます。

このセクションで学ぶことの一例

  • 発言がかみ合わない場合への対処
  • 軌道がずれている場合への対処
  • 高圧的な人への対処
  • 事なかれ主義になっている場合への対処
  • 参加者からの反応がない場合への対処
  • 感情的な人への対処 ほか

このページのトップへ▲

SKILL5

場をつくる

ミーティングの活性化には発言のしやすさが肝要です。このセクションでは、発言しやすい環境を整えるのに役立つ考え方とスキルを9つのポイントで掘り下げます。

このセクションで学ぶことの一例

  • 対立を協調に変える
  • 平等に発言のチャンスを与える
  • 自由闊達な雰囲気を演出する
  • 人格攻撃を防ぐ
  • 肯定的な場をつくる
  • 議論の階層を整理する
  • 理性的な話し合いの場をつくる ほか

このページのトップへ▲

SKILL6

聴く

「聴く」ことは「話す」ことと同等に重要なスキルです。ここでは、話すことの3倍から10倍の集中力が求められる「聴く」スキルを、12のパターンに分類して伝授します。

このセクションで学ぶことの一例

  • 話しやすい環境を整える
  • 誠意を伝える
  • 相乗効果で集中力をアップする
  • 相手のクセに対応する
  • 議論の接点をつくる
  • 理解度を伝える
  • 新しい情報や考え方を取り入れる
  • 論理の飛躍を阻止する ほか

このページのトップへ▲

SKILL7

合意する

ミーティングの効果を最大のものとするには、「異なる意見を共有し、高次の方向性や結論を得る」ことが重要です。このセクションでは異なる考え方を吸収し、統合する5つのステップを学びます。

このセクションで学ぶことの一例

  • 意見のスレ違いを生む4つの背景
  • 合意に到達するための5つのステップとは
  • 論点を抽出・分析する
  • 論点をすり合わせる
  • 論点を整理する
  • 論点を深層化する
  • 合意を方向づけする ほか

このページのトップへ▲


Copyright(C) PAN NATIONS CONSULTING GROUP CO., LTD. All rights reserved.