プレゼンテーション研修

このようなお悩みを解決します

  •  外国人相手のプレゼンが不安
  •  プレゼンスキルの不足を感じている
  •  部下や後輩にプレゼンスキルの伝達が出来ていない

icon従来の方法では成し得ない内容を習得できます。

外国人にプレゼンを行う方には必須のスキル。

プレゼンは難しい?

コンテクスト(コミュニケーションの基盤)に原因がある

私たち日本人は典型的な「ハイコンテクスト文化」(言語・知識・体験・価値観などが濃密に共有されている)なので、言葉に頼らずとも分かり合える傾向が強いのです。

コンテクスト

「察する」や「一を聞いて十を知る」という言葉が指すように、話し手の説明能力より聞き手の理解力に依存する傾向が強いです。

そのため、伝え方の訓練を受ける機会が極めて少ないのです。

プレゼンテーションには特定のフォーマットがある

日本ではあまり認知されていませんが、プレゼンには、特定のフォーマットが存在します。
これは論文のフォーマットにも使われていて、国際的に伝わりやすいと認識されているフォーマットです。

これをマスターすれば、個人の口頭伝達能力や資料作成能力に依存していたプレゼンを、
誰でも「勝てるプレゼン」にすることができる強力な研修なのです。

どのようなビジネスに効果的か

 外国人にプレゼンを行う方

外国人にプレゼンを行うための必須スキルです。ぜひ研修を受けて頂きたいと強く思います。

 日本人にプレゼンを行う方

日本人にプレゼンをする際にも、大きな核になるスキルですから、研修を受けることをおすすめします。この技術を知ればプレゼンが大きく変わります。

法人のご担当者さまへ無料体験セミナーを実施しております。

研修の流れ

step 1 : オリエンテーション
・受講者の問題点の摘出&ディスカッション
・研修目的の確認
step 2 : 3分間スピーチ
テーマ例:1年間でもっとも印象に残った出来事
・話の内容をノートに準備する
・発表
・講師コメント&アドバイス

step 3 : グローバススタンダードなプレゼン技法とは
・日本型プレゼンの問題点とその解決法
・プレゼンテーションのアウトラインの活用
step 4 :プレゼンテーションアウトライン(構成法)とは
・3つの全体構成(イントロダクション、ボディ、コンクルージョン)
・イントロダクション構成のポイント
・イントロダクションの修正と発表
・ボディ構成のポイント
・メインポイントの整理法
・コンクルージョンの構成ポイント
step 5 : デリバリーのチェックポイントとは
。声量
・話すスピード
・アイコンタクト
・ボディーランゲージ
step 6 : 実践演習
・チェックシートを使いプレゼン内容を修正および最終チェック
・話し手:発表
・聞き手:評価シート記入
・相互クリニック表を使いフィードバック
step 7 : 研修総括

icon無料体験デモお申込み

時期によっては無料体験セミナーを実施していない研修もございます。実施外の研修については
03-5908-8090もしくはメールにてご連絡ください。

弊社シニアコンサルタントがご案内いたします。

グローバル人材育成 1日無料体験デモ

2017年9⽉6⽇(⽔)

 新宿 弊社会議室
無料体験コンテンツ
 国際意識変容
 ロジカル・コミュニケーション®
 30時間で話せるビジネス英語研修

出版物一覧